Return to site

【伴奏のコツ・やり方】ピアノ伴奏者に必要な10のスキルをまとめてみる(その1)

こんにちは、ピアニストで作曲家の秋山桃花です。稽古場の床が冷たいので、コートに乗って譜面にとりくんでおります。ネコか!
さて、2016年に入ってからも、越智則英さん、宮内良さん、泉拓真さんなどミュージカル界のベテラン俳優さんたちから、堀江慎也さん、小山侑紀さんなどのフレッシュな俳優さんたちまで、様々な方のライブでのピアノ伴奏をさせて頂いていますが、ここらでちょいとミュージカルやポップスの歌の伴奏に必要なスキルについて考えてみたいと思います。
【1 弾くことについて】
【2 歌い手と合わせることについて】
【3 2時間のショーの中でドラマを作ることについて】
にわけて考えます。
【1. 弾くことについて】
【スキルその1】演奏スキル:当然ですが、コード符なり、簡単な伴奏譜面を見て、きちんと演奏できることが必要です。
【スキルその2】初見スキル:わたされてだいたいその場で弾けると重宝されます。
【スキルその3】転調スキル:歌い手のキーと合わないときに半音下げ、一度下げなどがその場でぱっとできると重宝されます。むずかしければ、ベース音だけでも。
【スキルその4】アレンジスキル:
(1)ボイシング:
クラシックと違って、譜面にすべてが書かれているわけではない。「C」とかかれていても、それを ミソドとおさえるか、ドソドミとおさえるか、2度の音もいれてドソレミとおしゃれっぽくおさえるか、あるいはジャジーにドソレラとおさえるか、数えたことないけど一つのコードについて、バリエーションは231ぐらいあると思う(たぶん)それを瞬時に選び取って行くことが必要。さらには、その瞬間のメロディをもっとも生かすボイシングを選び取るセンスも重要。まあすべてを論理で緻密に作り上げてピアノアレンジをあらかじめ決める人もいるとおもいますが、月に100曲ぐらい新曲があるときなど、それをやっていたら絶対に間に合わないので、私はその場で良く歌を聴きながら作って行くタイプ。ってか、譜面に捕われると耳が閉じますから、譜面にとらわれないでその瞬間の音に耳と身を委ねたほうが良いと思ってる。
(2)リフやソロのアレンジ:
元曲のイメージを生かしながらイントロや間奏、アウトロをアレンジができるようでなければなりません。これは、譜面によっては丁寧に書いてある物もあるけど、コード符しかもらえなかったり、「この譜面のアレンジはださいから、好きなように弾いて!」と言われたりすることもあるので、そういうときは自分で考えなくてはなりません。
(3)構成:
ショーの流れの中で、曲を少し短くしたり、あるいは盛り上げるために途中で転調したり、メドレーにしたりといったアレンジ力も必要です。
※冒頭の写真も、稽古場で曲の構成を考えているところです。譜面は、たいていとても長いので床におかないと全体を見ることができません(笑)
【スキルその5】譜めくりスキル:これはライブの成功の鍵の90%を握ります(ウソです)。でも、長い曲や、メドレー曲とかの場合、演奏を止めないで譜面をめくり続けるのは、相当な鍛錬と瞬発力、判断力が必要となります(笑)
【スキルその6】レパートリー:上記のようなものが自身がなくても、レパートリーがいっぱいあれば、それだけでも十分かもしれません。わたしはレパートリーがあまりないので、上記のようなスキルが必要になってしまうある。
って、書き始めたらこれ大作じゃーん。
というわけで、
はそれぞれをクリックしてください。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly